櫻井一族について 血縁図


黎緒とあおいは夫婦でありながら、お互いに嫌いです。
黎緒は暴れ坊、あおいは怠け者だが黎緒に止める力がある。
あおいの髪色は青色で、祖母の譲りである空(津波古)の髪色が(幼いの時に)。

次男の藍と末っ子の空(津波古)は、その祖父祖母のことに苦手で苦労している。
姉の繰菜美は、天然のために仲が良いとみえる。
兄の深は、その祖父祖母のことにどうでもいいと思っている。

イルイより

津波古と島袋


櫻井空が処刑されたはずに、呪いの不老不死になり。
島袋(クロ)が櫻井空に保護する。
本名を隠す事情があるために、津波古という名を乗る。

島袋と津波古は仲が良いことによくケンカします。

余談ですが、津波古(櫻井空)の髪型について、
櫻井一族の末裔である特徴のオッドアイは封印されために、
右眼は失明し黒い眼なり、髪で隠している。

イルイの里の服

20170703raku.jpg

クリックすると拡大で見れます。

イルイより

少し修正、異類の最強の3人

rakugaki20170624hh.jpg

右から、
ヒガンバナ 【No.2】
異類でありながら、共食い狩っている。
狩るのが楽しくてしょうがない、ヤンデレである。

宇佐 【No.1】
その中に一番強いで、異類でありながら、共食い狩っている。
櫻井空のことに本当に強いと思っている。

櫻井空 【No.3】
本当は一番強いけど、その座がいらないために3位のままに…
わさどでミスするのが多いらしい、No.1の座にならないようにである理由。

イルイ

【春野一家について】
4人姉弟の中に末っ子(長男)の威智が、
遠縁である農桜(のうおう)一家の中に異類である津波古さんの血を強く引いている。
ので、ほぼ身体能力が高めのためにエネルギーの消費量も尋常ではなく、それゆえに消耗したエネルギーを補給するために大食いである。
生まれつきで失明、オッドアイを持つために目を閉じている。
農桜一家の血を引いている髪色の薄桃色持ちは長女のやよなと威智だけ。

農桜一家の中に、髪色の薄桃色や茶色しか出ないです。
薄桃色の髪色は、その系統の最初の人の男と精霊の女を結ばれた遺伝子である。

イルイ (修正)

【異類とは…】
異類について、
人間と違った存在する動物型から人型を変身できる体質の方を指します。
高い身体能力を持つため、エネルギーの消費量も尋常ではない。
人間⇄動物型の変身する時に獣耳や尻尾や牙とか出る場合にもあります。
まるで妖怪みたいな感じ。
→つまり過去から来た空とクロ達がたまに気分によって出る場合にもアリ(津波古と島袋も)。


【異類と同じ仲間だが、種族がいます。】
・櫻井族は、奇特な異類でありイヌ型かネコ型の中にひとつしか変身ができない体質を持つ方。
イヌ型かネコ型の異類と人間が馴染みやすいために、姓名あり「櫻井」をつけられた由来だそうです。
オッドアイがある子はもっと奇特であり異類と櫻井一族よりに高い身体能力が持つ特徴で非常に高い戦闘能力を誇る。

・遠い国の北極いる異類の種族・ホルケウ族は、オオカミ型しか変身ができない体質を持つ方。

・異類と精霊の相性が良いで助け合っています。

異色

4つの眼さんについて、
異世界からスオウ達の世界にやって来た4つの眼さん。
外見は人とほぼ変わらないが、耳がある、額にある2つの眼、透き通るような白い肌と、そして苦手とする日光が特徴的。
亡き妻への恋愛感情がなかった。
目的は祖母の消息を探すこと。
事情があってスオウの主従。
初恋は白菊(シラギク)の姉である真赭。

イルイ

【櫻井一族について】
津波古さん(農桜空/旧姓:櫻井空)は、
異類の種族の奇特な一族の末裔のひとりで、
彼女はその最後の生き残りでありながら、呪いの不老不死の体を持ち。イヌ型。
オッドアイに特徴的。
オッドアイない櫻井一族と違って身体能力が高め非常に高い戦闘能力を誇る。
実兄姉のことに嫌い理由は、構ってくれなかったからだと思われる。
実兄の藍が、実妹である津波古さんに負担を強いてしまっていることに苦心してもいた。

櫻井藍(空の実兄)は、
過去から来た青年のひとり。ネコ型。
オッドアイではない赤色の両眼、櫻井一族としては珍しくないです。
銃使いが得意。

櫻井繰菜美(藍と空の実姉)は、
オッドアイではない水色の両眼、同じく珍しくないです。
人間と異類の仲を深める役目を務めていた。
ネコ&イヌ型、どっちも変身できる体質持ち。

櫻井深(繰菜美と藍と空の実兄)は、
オッドアイではない水色の両眼だが、
覚醒によってオッドアイになり異変なる時にも。
実妹である津波古さんと面識ない。
異類の裏切り者でありながら旅人。
イヌ型。

「異色」の後について



スオウとシラギクは、
めおとが未だならぬ…
恋人同士なり、少しずつ進行中になります。
理由は、シラギクが恋愛が下手ために。

4つの眼は、
スオウ達の戦い中に対価として、両眼を失い、額にある二つ眼は残る。
実はスオウ達に出会ってから真赭のことに初恋であります。
亡妻の赤い眼に対しては恋愛感情がなかったです。
戦いが終わった後に真赭へ告った。

真赭は、
4つの眼に告白された以降…気になり始めされ、
4つの眼と結ばれる。

ふざけな話の続きみたい

※相変わらず、文章が下手ですみません。


このカテゴリーに該当する記事はありません。